大前 悟

古陶のかけらを拾い集め、ひたすら繋げているだけなのかもしれません。と仰るその作陶という作業が、きた道を決して辿ることのない神聖な旅のように感じられてなりません。

信楽茶碗

鬼ヶ島シノモドキ徳利

鬼ヶ島鶏龍山ぐい呑

陶歴
1972年 大阪に生まれる
1990年 神戸にて陶芸を始める
1994年 土を採取し始め、南蛮焼締を焼く
1999年 大阪にて初個展
2001年 信楽に移住 伊賀、信楽の窯変焼締を始める 全国的に個展活動を開始
2003年 全地下式穴窯を築窯
2005年 施釉陶器に興味を持ち、白磁や唐津などを焼き始める
2007年 李朝時代の焼物に魅かれ、井戸茶碗や柿の蔕茶碗を穴窯焼成にて焼き始める
2010年 兵庫県淡路市に移転 半地下式穴窯を築窯 黒茶碗を焼き始める
2013年 赤茶碗を焼き始める
2015年 光悦 乙御前写を焼き始める
2016年 淡路島の土を使い白楽を焼き始める
2017年 光悦 不二山写を焼き始める
2019年 光悦 雨雲写を焼き始める