安永 頼山

穏やかで気品ある相はその揺るぎない作陶姿勢に支えられて生じるものと得心する。平板単調なことに心をつくすことは不確かなものを信ずることに違いないと茶盌は語り、こちらはそれがもっとも確かなことであるように感じるのです。

斗々屋茶盌
黄唐津徳利
黄唐津焼酎呑
唐津酒呑
絵唐津お多福向付

陶歴
1970年 島根県益田市に生まれる
2001年 田中佐次郎氏に師事
2003年 藤ノ木土平氏に師事
2008年 唐津焼発祥の地、北波多に登窯を築窯
2013年 田中佐次郎氏命名の「頼山」に改名
2016年 京都野村美術館にて茶陶展 (以後’19)
    第六三回日本伝統工芸展入選 (唐津茶盌)
2017年 第三四回田部美術館大賞「茶の湯造形展」入選 (黒唐津茶盌)
    第五二回西部伝統工芸展入選 (唐津茶盌) (以後’18’19)
    第七回菊池ビエンナーレ入選 (唐津茶盌) (以後’19)
    第二一回上海アートフェア出品
2019年 第二五回日本陶芸展入選 (唐津茶盌)
現在形の陶芸 萩大賞V佳作 (唐津茶盌)