近藤 亮介

近藤さんのやきものを見るのは楽しい。現代の面白味を知るきっかけとなった。手でつくるものはどれも一点ものだが、氏のつくるものは何ものともちがっている。至純の心の働きが根底に充実しているからなのであろう

堅手皿

粉引片口

鉄化粧片口

筆洗小鉢

刷毛目鉢

柿皿

陶歴
1985年 京都府に生まれる
2008年 同志社大学 工学部電子工学科卒業
2009年 藤田登太郎氏に師事
2012年 青森県の津軽金山焼で2年間勤務
2014年 奈良市下深川にて独立 直炎式薪窯を築窯
2018年 登窯を築窯 アートサロン山木(大阪市)にて初個展
2019年 倒炎式両口窯を築窯